東大生や有名人が多い七田式で子供を天才に育てる方法

OB/OGに有名人や東大生が多い「七田式」教育法を武器にブレない主軸を作りお子様の天才的能力を引き出そう♪実体験・本音・本気でご紹介!

【右脳左脳】0歳1か月~絵カードフラッシュを始めてみよう!七田式で「言葉」と「記憶力」を育て【右脳を活性化】することを目指しましょう!

こんにちは。まっちゃです。

 

様々な能力が詰まった宝箱である【右脳】!

f:id:mattya1:20201006004622j:plain

右脳左脳

 

この「右脳」を使うには、前回のイメージトレーニンも非常に重要と考えています。

でも、お子さんが生まれてからすぐに実践できる、というか実践すべきなものがあります!

それが「絵カードフラッシュ」です!

 

 

 

七田式で絵カードフラッシュを見せる目的は?

 

七田式では、カードをゆっくり見せながら、一つ一つのことを教えるよりも、

 

理解させることにこだわらないで、素早く見せることで、

とてもすばらしい力、「言葉」と「記憶力」を育て、

そして、「右脳を活性化」することができるんです!

 

効果は?

効果1 素早く見せて、言葉を大量インプット!(右脳への働きかけ)

絵カードを大量・高速でフラッシュすることで、

大量の言葉が潜在意識に入力され、

言葉に対する抜群の吸収力を生み出すのです!

 

「素早く」とあるんですが、ここ、本当に重要です。

たいがいの皆さんは、ここを誤解しています

フラッシュしてる~!と言いながら、実際に見て見ると、

超ゆっくりってのはあるあるです。

 

実際に見て見ないと分かりませんので、

ユーチューブにある、実際の七田式の公式サイトにある動画をご覧ください。

これです↓

 

www.youtube.com

 

どうだったですか?想像していた以上に、めっちゃ早くないですか?

 

1枚1秒以下で、カードをフラッシュしていますね!

 

カードは実際に触ってやってみるとわかるのですが、

結構つやつやしていて滑りやすいです。

ですので、私は、指サックや滑り止めクリームなどを塗ってから行うことをお勧めします。

 

私は、自分に合うものと、それはたくさんの文具店に通っては、ぴったりくるものを探しまくりました。そして、やはり、最後は、七田式教室の先生が使用している指サックも参考にしました。参考というか、結局それにしたんですけどね。真似っこ(笑)

 

いろいろ研究していくにつれ、やはり、指サックのボツボツが大きく、かつ、多いものが滑りにくく良いことが分かりました。実際の販売されている商品の中で一番ボツボツが大きくて、現実的値段で、実際にはめてみて試してから購入してください。まあ、高いものではないですが、無駄に買わないように。

 

私の実際使っているものはこちら↓↓

 

 ※注意! これは「特大」サイズです!私の指が太いからです(笑)

 ご購入の際は、あなたの指に大きさに合わせてのご購入を!

 ちなみに、私は、なかなか周りの文具店では売っていなく、結局、東急ハンズで売っていたのでそこで買いました!

 

 

右脳が高速スピードに反応して、子供は興味津々になります。これも、すぐに気が散る0歳から1歳の子供をくぎ付けにする秘訣でもあります。

 

効果2 カードフラッシュは「言わせる」などの表現(出力・アウトプット)させることも大切!

小さなうちは、ひたすらカードをめくりながらインプットに専念でよいですが、

言葉の理解が深まる3歳前後からは、「言わせる」ことも取り入れていってくださいね。

 

 

理由は2つあります。

理由1 絵カードは絵を見て言わせることで、言葉(語り)が育つからです!

 例えば、リンゴの絵がカードに書いてあります。

 これを見せた時、お母さんが「リンゴ」というのです。

 それに続けてすぐ子供さんが「リンゴ」というということです。

 

 このように、小さな子には、お母さん(=見本、お手本)の声をそのまんま真似して発声する。これが非常に重要です。

 これにより、言葉自体と、絵がイコールに結び付き、それは「リンゴ」というのか~っていうのが、そのお子さんの頭にインプットされ、今後すぐにアウトプットできる準備を作っていくのです。

 

理由2 単語カードは言わせることで、読みの力が育つからです!

 例えば、「リンゴ」と書いてあるカードを見せた時、お子さんが「リンゴ」と発声する。

 もしまだ小さいお子さんなら、先ほどと同様、まずはお母さんが「りんご」と言ってから、それに続けてお子さんが「リンゴ」という、という復唱をさせることから始めてくださいね。

 

さらに、できる子供には・・・

 ことば(文字)を育てるには、下の3ステップが大切です!

  • 合わせる

例えば、リンゴの「絵」カードと、「リンゴ」と書かれたカードを一緒に見せながら「一緒だね」と言う、ということです。これを合わせるといいます。

  • 取らせる

例えば、リンゴの「絵」カードと、みかんの「絵」カードとを一緒に見せながら「リンゴはどっち?」と問いかけます。そしてお子さんに「こっち~」と言わせながら、リンゴのカードを取らせます。これを取らせるといいます。

  • 言わせる 

  例えば、リンゴの「絵」カードを見せながら、「これは何?」と問いかけます。お子さんは「リンゴ」と言わせることです。これを言わせるといいます。

 

取り組みの流れは?

  • まずは、1日30枚ぐらいから始めてみましょう!
  • 1枚1秒以下の速さで、フラッシュすることを目指しましょう!

  ➡ですから、スムーズにカードをめくる練習にも同時に励んでくださいね。

   もう、これは慣れです。慣れが解決してくれます!大丈夫、誰でもできます!

  • 毎日見せる枚数の1~2割は、新しいカードを入れ替えましょう!

  ➡最初の5枚程度を外し、最後に同じ枚数の新しいカードを加えて、見せていきます!

  • 慣れてきたら、1日100枚~200枚を目安に取り組みを継続しましょう!

 

絵カードフラッシュは何歳ごろ何をすればよい?ベストな進め方とは?

 

0歳~

   絵カードを1枚1秒でフラッシュしてください。

1歳~2歳

  絵カードを1枚0.5~1秒でフラッシュしてください。

3歳~

  絵カードと、文字カードのフラッシュをしてください。秒数は1~2歳と同じです。文字カードは、復唱もしてください。

4歳~5歳

 文字カードのみをフラッシュさせてください。

 この時、復唱をさせますが、先に子供に言わせてください。

 

 左脳では追い付かない速さで、大量・高速フラッシュをしていくと、右脳が活性化して、右脳の「ひと目で覚える右脳記憶」というものが育っていきます!

 同時に映像に言葉を添えて見せていくので、映像と言葉が結び付いて入っていくのです!

 

 

カードフラッシュが楽しくなる4つのポイントとは?

 

ポイント1 取り組み枚数は「腹八分目」

子供が絵カードを「もっと見たい!」というところで、「今日はおしまい!続きは、明日のお楽しみね。」と実際に終わりにするのが、カードの興味を持続させるポイントです。

あの、よく、アニメやドラマなんかで、衝撃な場面があってから「つづく・・・」っていうパターン、多くないですか?あれですあれ。

「え?この続きはどうなるの?」「次も見たい!」と思わせる効果が期待されているからです。それをこの毎日のフラッシュカードにも使うのです!

 

ポイント2 様々な工夫で、フラッシュをより楽しく!

家族の写真や、好きな動物、キャラクターなどを混ぜてみたり、読み上げる声のトーンを変声(へんごえ)にしてみるとか(笑)、とにかく声のトーンを変えてみるなどして、子供が楽しめるような工夫をしてみましょう!

 

例えば、鬼滅の刃のお菓子を買ってきたら、そのパッケージにあった鬼滅の刃のキャラクター(たんじろう、ねづこ、など)を無地のカードに貼ってみて、使用するなど。

子供は「え?今、一瞬、ねづこ??」って、興味津々で見てくれますよ♪

 

ポイント3 2~3歳からのスタートは「入れ替え」がコツ!

0歳、1歳から始めていると、2歳、3歳くらいになると、理解した言葉が増えてきます。そうすると、フラッシュの最中に「あ、〇〇だ~!」と口に出してしまい、親の取り組みもそこで中断してしまいます。

そういうことにならないためにも、覚えたであろうカードは外して、フラッシュしていきましょう!

 

おススメ教材

ズバリ、おススメは、七田式教材の「かな絵ちゃん」一択です!

 

以下、【楽天市場】【送料無料】七田式(しちだ)フラッシュカード教材☆ かな絵ちゃん日本語セット+DVD☆★:しちだ・教育研究所 (rakuten.co.jp)より引用。

幼児の語彙力・理解力・右脳記憶を育てるフラッシュカード!

七田式(しちだ)フラッシュカード教材☆

かな絵ちゃん日本語セット+DVD☆★

 

 












 

 ____________________________________

あなたのその5秒ほどのお時間をぜひ私にください!! ↓↓↓のバナーをワンクリックして、まっちゃを応援してやってください!(^^♪
早期教育ランキング

 

いよいよ今年から新たに導入!!「2020年教育改革【英語】!」 あなたのお子さんは,この劇的変化についていけますか?


「やばい!!やばすぎる!!!」

そんな声が聞こえてきそうですね。

では,どうすればよいか?

まっちゃの一押しの対策はコチラ↓↓!!

 


なぜオススメなのか?このブログ記事で過去にご紹介しています。過去記事コチラ↓↓↓

fanblogs.jp


英語は毎日の継続が重要です!!

一日でも早く開始することが大切です!!!


まっちゃが考える英語の勉強の方法論,インプットの最低限の量,どれをとっても最高に効率の良い,どの教材よりもショートカットできる,最強の勉強教材だと思います。

自信を持ってご紹介できますので,

是非,今からクリックしてのぞいてみてくださいね♪♪♪

 

★皆様、はてなブックマークの登録をよろしくお願いいたします(*^^*)
この記事の下にある青のB!のマークをクリックです!

あなたの1クリックのお陰で,
私の活力がみなぎります♪